ミドリムシって何?

藻の一種だけれど動物みたいな存在?

理科の教科書に他の微生物と共に載っているので、ミドリムシという名前は知っている人が多いのではないでしょうか。その名前から虫の一種だと誤解されることも多いですが、実際には藻の一種として扱われています。しかし、自分で鞭毛を使って動物のように自由に動き回ることも可能です。動物と植物の双方の特徴を持っていると言われるのもこの辺りにあります。これはミドリムシの生態についてだけではなく、栄養面でも該当することです。ミドリムシ一つで肉類や野菜、魚介類に含まれる栄養素をまとめて摂取することができます。普段の食生活で不足しがちなミネラルやビタミンなどを補うのに最適ですね。ミドリムシにしか存在しないパラミロンはコレステロール値の低下にも役立ちます。

摂取した栄養が無駄にならない!

栄養価の高い食品を食べても、吸収率が低いとせっかくの栄養が無駄になってしまいます。例えば野菜の場合だと硬い細胞壁というものがあるので、栄養を身体が吸収する時に邪魔になるんですよね。でも、ユーグレナは藻の一種ではあるものの、細胞壁が存在しません。そのため、身体がミドリムシの中にある合計59種類ものの栄養素をスムーズに吸収できるんです。野菜の場合だと、身体が消化吸収しやすいようによく噛んで食べた場合でも吸収率は4割ほどですが、ミドリムシは最初から9割以上の吸収率を誇ります。身体の吸収率が高い方が、その栄養素も健康や美容にいい効果を発揮しやすくなりますよね。ストレスの緩和や糖尿病の予防に効き目がある成分も、これなら無駄になりません。

© Copyright Euglena Group. All Rights Reserved.